オフィシャルブログ

大衆酒場で食べるもつ焼きはたまりません

【更新日】 2017/8/8

会社帰りに一杯、友人と軽く一杯など気安く立ち寄れる大衆酒場は世代を問わず安定した人気があります。大衆酒場山田斉藤もそんな店のひとつで、こだわりの和風料理や色々なお酒を味わっていただけます。

外観の店構えと店内へ入った一歩目で好きか嫌いか、印象が別れるもので、よく言われる「人は見た目が9割」と似ています。大衆酒場山田斉藤はいわゆるその道の王道を行くタイプで、奇をてらわない店構えにホッと安心して呑んでいただきたいと考えています。明るい木材中心の清潔な内装で、おひとりでも仲間同士でもゆっくりとしたひと時を居心地よく楽しんでください。

料理は獣肉(ジビエ)主体です。肉の品質にはかなりこだわっており、誰でも美味しく召し上がっていただけるように素材や調理方法等に研究を重ねてきました。その他、もつ焼きや揚げ物、サラダなどの定番料理の存在も欠かせません。

定番の「もつ焼き」は一本150円で、たん、かしら、レバー、はつ、しろ、なんこつ、山だんごがあります。お酒に合うように味付けされており、お好きな方であれば何本でもいけちゃいます。

また、料理と共にお酒にもこだわってみました。厳選した日本酒や焼酎だけではなく、自然派のワインも仕入れており、種類豊富に取り揃えております。飲み比べてみるのも楽しいものですし、色とりどりの瓶や個性的なラベルを眺めているだけでもワクワクしていただけるのではないでしょうか?
綺麗な店だが親しみやすく気取りがない店作りを心がけていますので、余計な気使いをせず、安心して純粋に酒を楽しんでいただきたいと思います。

copyright (C) yamadasaito All Rights Reserved