オフィシャルブログ

山田斉藤でお馴染みの自然派ワインの特徴とその意味

【更新日】 2017/8/20

スタミナをつけたい夏には大衆酒場山田斉藤の熊・鹿・猪肉の串が栄養も豊富でオススメです。お肉にぴったりのビールや焼酎、日本酒も良いけれど、ポリフェノールたっぷりのワインはいかがでしょう。大衆酒場山田斉藤で提供しているワインは自然派ワインですので体にも安心ですし、夏バテ対策料理に相性バツグンの濃いワインなのでハマる方も多いはずです。

例えば山田斉藤で提供しているVdFミステルはアルデッシュの南にあるヴァルヴィニェール村で三代続くワインの作り手によって醸造されているワインです。なお醸造元の奥さんのエレーヌが醸造するVdFミステルを始め、VdFルージュタンデムなどの赤の他にもVdFブラン プチ・シャルドネ、VdFブラン ヴィオニエなども人気がありこの地域で作られている自然派ワインは繊細なタンニンでありながら重厚な味わいが特徴で、今や自然派ワインの激戦区ともなっています。

ちなみに自然派ワインというのは無農薬・有機栽培で作られた葡萄のみを使用し、酸化防止剤の使用をなるべく少なめにしているので二日酔いしにくいという事です。また無農薬や有機栽培の葡萄だからこそ赤ワインは特に皮ごと漬け込んでも安心して飲める上にえぐみも無く、化学薬品を使用していない分自然酵母での発酵が可能なのでその土地特有の味を作り上げてくれるそうです。山田斉藤では他にも2007年にエコセール認証を受けた赤ではポリチネル、そして白では自然派らしい微発泡ラ・プラントゥ・オー・ルーや2013年にエコセールの認証を受けたトゥーレーヌル・プチオなども提供しておりますので料理に合わせて是非自然派ワインの美味しさを堪能してみてください。 

copyright (C) yamadasaito All Rights Reserved