オフィシャルブログ

情緒溢れる下町の雰囲気を楽しめます

【更新日】 2017/8/17

大衆酒場山田斉藤は下町の雰囲気を楽しめる地元に密着した居酒屋です。お店こだわりの煮込みやもつ焼き、ジビエなどをリーズナブルな料金で提供しています。ジビエとは狩りによって手に入れた鳥獣類の肉を呼び、もともとヨーロッパの貴族たちが領地内でハンティングを行い、戦利品の鳥獣類の肉を使って宴会を開催したことが起源と言われています。11月から2月の狩りのシーズンにしか食べられない貴重な食材でした。ジビエとして主に食べられているのは、鹿や鴨、イノシシやウサギなどで、カラスを食べる地方もあります。ジビエの味は牛肉や豚肉に比べると脂肪分が少なく、身が引き締まっていて栄養価が非常に高いです。古来からジビエは冬を過ごすためのタンパク源で、食べ物が少なくなる冬の貴重な食物でした。お肉が持つ本来の旨味を味わうので、人によってはやや臭さを感じるかも知れませんが、きちんと血抜きなどを行うことによって気にはならないレベルになります。大衆酒場山田斉藤は本格的なジビエをコースで楽しむことができます。鴨串や鹿串、猪串や鹿のくんせい、たん刺しやレバ刺し、煮込みやサラダなどをリーズナブルな料金で楽しむことが可能です。下町の雰囲気を味わいながら、日本各地のお酒を注文することができたり、お酒の飲めない方や苦手な方にもソフトドリンクなどを多数取り揃えたりしています。一人でふらっと寄ったり、友達同士で会食したり、各種イベントに応じた宴会を開催することも可能です。情緒溢れる下町の雰囲気を楽しみながら、美味しく新鮮なジビエをリーズナブルな料金で楽しむことができます。

copyright (C) yamadasaito All Rights Reserved