オフィシャルブログ

日本酒の楽しみ方に関する豆知識

【更新日】 2017/8/28

日本酒と言えば、冷や、人肌、燗、熱燗、ぬる燗など、飲むときの温度によって、味わいが変わることでも知られているお酒です。日本酒は、その分類によって、飲用する際に最も適した温度というものがあります。
日本酒で、トップランクのお酒である、吟醸酒は、常温や冷やでの飲用が適しており、5度から16度ほどの温度が適温だと言われています。お米と水で作られた純米酒は、常温、冷や、ぬる燗のいずれかで、5度から25度が適温です。本醸造酒や古酒、普通酒は、それぞれ、適温範囲が二つずつあり、本醸造酒では、5度から18度と24度から40度の常温、ぬる燗、冷やが良く、古酒は、5度から25度、45度から50度、普通酒は、10度から23度、35度から50度といった具合に、比較的、広い範囲の温度で楽しむことができます。十分に冷えた状態で、お酒を味わうことのできるロックは、吟醸酒、純米酒や本醸造酒、古酒や普通酒の全てにおいて、適した飲み方です。
日本酒の通の方は、その温度とともに、料理との相性でも、お酒の種類を選ばれます。女性の方や、日本酒に不慣れな方でも飲みやすい、甘口の日本酒は、同じく、甘みのある味付けがされた料理と相性が良く、スッキリとした味わいが特長の辛口の日本酒は、塩味の濃い料理やお刺身に、古酒などの、熟成された日本酒は、揚げ物や煮込み料理など、脂っこい料理と相性抜群です。また、辛口の日本酒と、チョコレートの組み合わせも、辛口と甘口のコントラストが味わい深く、お勧めです。
当店でも、日本酒を多数取り揃えておりますので、多種多様な飲み方で、日本酒を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

copyright (C) yamadasaito All Rights Reserved