オフィシャルブログ

煮込み自慢、大衆酒場の山田斉藤

【更新日】 2017/8/24

大衆酒場の山田斉藤は、こだわりの煮込みやもつ焼き、ジビエなどを、嬉しい大衆価格でご提供しております。一品料理やお酒も豊富に取り揃えています。

ジビエとは何か、如何なるものか、疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。ジビエという言葉は、日本人にとっては、あまり聞きなれないかもしれません。

ジビエは、狩猟によって食材として捕獲された野生の、シカやイノシシなど鳥獣肉のことです。古くから狩猟民族であったヨーロッパでは、貴族の伝統料理として発展してきた食文化です。現在でも、フランスなどに旅行した際、食肉店やマルシェなどでも、毛がついたままの狩猟肉を、当たり前のように見る事ができます。 普通に家庭料理として食べられていることが、一目瞭然です。

冬期のフランスや、ベルギーなどヨーロッパ各国は、ジビエ料理で有名です。毎年いろんな国から、旅行者がその時期を狙って、あこがれのジビエを食べに来ます。そんな秋冬に美味しさの絶頂を迎えるジビエを、ここ東京で食べることが出来る、数少ない店の一つが、大衆酒場山田斉藤です。

獣肉(ジビエ)コースは、10品で、自慢の煮込み料理も入っています。日本酒にもワインにも、こだわっており、好きなお酒を頼み、舌鼓をうちながらジビエを味わっていただけます。どうぞ極楽のひとときをお過ごしください。

お酒は、下町ハイボールをはじめ、ビール、チューハイ、焼酎など色々あります。常徳屋 常圧蒸留の麦焼酎も飲めますので、ぜひ一度味わってみてください。これは、大分県宇佐市の宇佐平野でとれた、大麦と清水を使用し、その自然豊かな味を、自然なままで焼酎にするため、常圧蒸留にこだわり、しかも無濾過の状態で瓶詰めしているお酒です。深みや重み、荒々しさを感じ、ドーンとくる印象的な味わいを、お楽しみいただけます。

copyright (C) yamadasaito All Rights Reserved